東京都練馬区でうさぎ専用のペットホテル(うさぎホテル)、うさぎ関連商品の通販を運営しています。

イベント&お知らせ

【新】スタート!!! オンライン『個別飼育相談』

【新】サービス導入のお知らせ
より気軽に相談できる、『オンライン個別飼育相談』を1月23日より新スタート!!!
 
スカイプを利用して、ご自宅にいながらインターネットで!個別飼育相談。
WEBカメラがあれば自宅の飼育環境を拝見しながらアドバイスも可能です。
また遠方の方、お越し頂くのが難しい方にも最適です。
介護方法などの相談にも大変便利です。
 
料金はじめ詳細はHP『その他のサービス』で確認ください。
 
 

【新】資格取得報告

【新】資格取得報告
2013年1月10日付けにて社団法人ペットマッサージ協会認定「ペット東洋医学アドバイザー」を取得
協会ページにてRabbit Islandが紹介されています。http://www.j-pma.com/toyo.html
 
資格を活かしより一層、飼い主様と大切なうさぎさんの味方になれるよう努めてまります。
shikaku5.jpg

『絆リレー100』説明会のお知らせ

『絆リレー100』説明会のお知らせ

 
昨秋ボランティアに参加した、福島県被災動物保護センター。
只今Rabbit Islandでは、まだ終わりの見えない、このシェルターでのボランティア活動をして下さる方を100名の募集企画しています。
 
ボランティアに興味はあるものの・・・足踏みをしている皆様に、安心して活動して頂けるよう説明会を行います!
前向きにボランティアを検討している方!是非ご参加下さい。
 
【よく頂くお問合せ】
  ・うさぎさんしか飼った事がない私に何ができますか?
  ・一人で行くのがとても不安です
 ・どんな所ですか?
 ・どんな作業がありますか?
 ・何を持って行けばいいですか?などなど~お応えしていきます。
 
・日時:2013年1月20(日) 13時集合(約1時間半予定)(←一部変更になりました)
・場所:Rabbit Island
・参加費:無料
・参加方法: 事前予約制 baba@mvg.biglobe.ne.jp に下記の内容を添えて事前にご予約下さい。
(1)氏名 (2)連絡先 (3)参加希望日 (4)メールアドレス(※携帯メールの方はPCからの受診ロック解除をお願いいたします)
 
 
今年の活動目標に掲げた中の1つに、このボランティア活動を加えて頂けましたら幸いです。

そしてあなたを待っている動物達がいることを忘れないで欲しいです。

1212.jpgのサムネイル画像

開催日時

2013年1月19日 14:00 ~ 2013年1月20日 14:00

【更新】 「絆リレー100」・ボランディア参加名簿

12345.jpg
1,田口みどり(企画主催者:Rabbit Island) 2012年10月22日~24日・3日間
2,川上さま 2012年11月6日 日帰り
3,伊藤 昭子さま さま 2012年11月12日~13日・2日間
4,田中さま 2012年11月15日 日帰り ・2013年7月9日・10日・2日間
5,橋田さま 2012年11月20日 日帰り
6,ゆんさま 2012年11月20日~21日・2日間
7,マツダさま 2012年11月25日(日)日帰り
8,篠田さま 2012年12月18日(火)
9,長谷川さま 2012年12月18日(火)
10,斎藤さま 2013年1月3日(木)
11,山田さま 2013年1月13日(日)日帰り・2013年9月15日(日)日帰り
12,井町 信彦さま 2013年1月30~31日・2日間
13,眞鍋 有 さま 2013年1月30日~31日・2日間
14,水越裕子さま 2013年3月11日(月)日帰り
15,とんさま 2013年3月30日(土)日帰り(他5回)
16,大坪幸子さま 2013年3月30日(土)日帰り
17,Takeda Kazuさま 2013年4月28日(日)日帰り
18,若林さま 2013年9月15日(日)日帰り
19,小野さま 2013年9月15日(日)日帰り
20,窪小谷さま 2013年9月15日(日)日帰り
21,奏さま 2013年9月15日(日)日帰り
22,赤松さま 2013年11月20日(水)日帰り

 

【絆リレー100】ボランティア大募集!(終了)

☆2014年9月末日にて、シェルターが閉設になりました。
ご協力を頂きました皆様有難うございました。


ボランティアに参加した全ての方が…「行って良かった!また参加したい。そしてこんな私でも必要としてくれている場所があるんですね」と
素晴らしい感想をお寄せいただいております。

 
 
 1212.jpg

Rabbit Islandでは、震災で被災した動物達に愛情を届け助け合う、福島県動物救護センターでの
ボランティア活動@『絆リレー100』を企画募集中
 ◆
2013年2月19日発売・うさぎ専門誌「うさぎと暮らす」の47号(p73)にて紹介されました。
◆2013年3月18日発売:うさぎ専門誌「『うちのうさぎのキモチがわかる本』P109 で紹介されました。
 

 2012年10月22日~24日の3日間、福島県動物救護本部管轄の被災動物が収容されている三春シェルターにボランティアとして参加してきました。
施設内には家路に帰れない犬や猫が約300匹が収容されていました。
少ないスタッフとボランティアで協力しあい、動物達に食事の提供から掃除、散歩やあらゆる雑務をこなしていきます。
ボランティアが少ない日には、犬達が楽しみにしている、園内の散歩時間が無くなり、閉鎖的なケージで長い時間を過ごさなくてはなりません。
 
来る日も~来る日も・・・一人でも多くのボランティアの手が必要と言う事実を間の当たりにしました。
そしてそこには人を信じ沢山の愛情を必要としている、動物達がいました。
初対面にも関わらず、優しい瞳で私を受け入れてくれる彼らのあたたかさに大変感動を覚えた次第です。
同時に自分の目で現場を確かめた事で、多くの事実を知り、私の中で大きく心が揺れ動かされ瞬間でもありました。

そこで私の次へと繋ぐ『絆リレー100』と称した活動を発足し・皆様にも直接シェルターに訪れてボランティア活動をして下さる方を、目標100名を掲げた企画募集する事に致しました。
私が100回訪れるのは非常に難しいことです。
しかし皆さまの一人一人の行動が繋がれば、難しい数ではないと信じています。また企業ボランティアとして派遣するのもいかがでしょうか?
一度現場に訪れ、復興の手助け、そしてあなたらしい愛情を注できて欲しいのです。
そして感じた事を、自分の言葉で仲間に伝え、更なる「絆リレー100」が広がる事を私は願っています。
 
関東地区からの日帰りも十分可能です。老若男女問わず、殆どの方が一人でボランティアに参加しています。

ボランティアに参加した全ての方が…「行って良かった!また参加したい。そしてこんな私でも必要としてくれている場所があるんですね」と
素晴らしい感想をお寄せいただいております。 現場を見たことで悲しい気持ちなることは、まずありません。
私をはじめ、ボランティアに参加した方が皆、心穏やかな気持ち、そしてこの行動を通して、新しい自分と向き合い自信をつけて帰宅しています。


動物好きな私達をはじめ、動物とのかかわりに興味をお持ちの方、風化させない為にも、そして復興への想いを忘れていない気持ちをRabbit Islandの企画を通して『絆リレー100』を成し遂げ一緒に証を残してみませんか?
◆参加名簿:http://rabbit-hotel.com/topics/other/100.html

あなたを待っている場所がある。そしてあなたの一歩を信じています。
 

ご賛同頂きました方はブログやFacebookでのリンク&シェア・転送大歓迎です。
 
★合わせてMIDORI店長のFacebook:登録もお待ちしております。http://www.facebook.com/#!/RabbitIslandHOTEL
・peppy2012年秋冬号にて、大震災から1年以上が経過した福島県の動物救護の状況レポートが出ています。http://www.peppynet.com/shop/digital_catalog/ og.jp/engine/php/viewer.php http://ebook2.webcatalog.jp/engine/php/viewer.phphttp://ebook2.webcatalog.jp/engine/php/viewer.php  

  


 【ボランティア参加方法】

 福島県動物救護本部のHPより事前登録が必要です。
 
★参加決定次第、下記の内容を添えてこちらのメールでお知らせ下さい。
Rabbit Island baba@mvg.biglobe.ne.jp
(1)氏名・(2)連絡先・(3)メールアドレス・(4)参加予定日と期間
 そして一覧に掲載して良いお名前(ハンドルネーム又は団体名・企業名でも可)
同伴された方又は口コミで行かれた方の登録も大歓迎です。
 
*「絆リレー」にご賛同頂いた方のお名前を参加期間を証として一覧にして残し、このHPにてご紹介致します。  このシェルターにかかわらず、他での被災動物へのボランティア活動をされたも掲載いたします。その際には活動詳細を合わせてお知ら下さい。
達成した際には、祝賀会をしたいですね。


【三春シェルター・アクセス】 (電車):福島県郡山駅下車よりバスで約30分。郡山駅西口・バスロータリー6番「船引行き」 下向田下車・目の前
 


【必要な物】長靴 ゴム手袋 マスク 動きやすい作業着・昼食の飲食持参
 
【その他】シェルターまでの交通費・宿泊費は各自負担
      活動時の保険等について:http://kyugo-honbu.fva.or.jp/volunteer/volunteer.htmをご確認ください。Rabbit Islandでは一切責任をおいません。


【関東からの電車日帰りモデルコース】
郡山駅9時10分発のシェルター行きのバスに合わせて、各地から新幹線等で出発!
郡山駅西口・バスロータリー6番「船引行き」 停留所:下向田下車@目の前
このバスに乗ると9時45分の朝礼にギリギリ間に合います。タクシーなら20分くらいです。常時駅にいます。
 
帰りはシェルター前発の15時18分に乗車すれば、夕方の新幹線等に余裕で間に合います。
※2012年10月のバス時刻となりますので、今一度ご確認ください。
 
【宿泊希望の方】
宿泊希望の方は、郡山駅周辺のホテルを利用するのが一番便利です。    
12123.jpg



    

開催日時

2012年10月27日 00:00 ~ 2014年8月31日 00:00

ページTOPへ